家電の人気ランキングと選び方

家電王

2017年の人気がある低燃費の「石油ストーブ」ランキング

2017年の人気がある低燃費の「石油ストーブ」ランキングを紹介します。石油ストーブで売れているのはトヨトミ製です。芯が長持ちする「でるでる芯」や消火時にニオイが少ない「二段階燃焼(ダブルクリーン)」など、他のメーカーより一歩先を進んでいます。実際に当サイトではトヨトミ製のダブルクリーン機能がある石油ストーブの売り上げが多いです。

「石油ストーブ」ランキング第1位
「トヨトミ 反射式 RC-W36G」

  • 木造:10畳
  • コンクリート(鉄筋):13畳
  • 暖房出力と燃費:最大3.60kW(0.350L/h)
  • タンク容量:4L(こぼれま栓)
  • サイズ(cm):幅56.2 奥行27.9 高さ45.4
  • 電池:単二形4個

石油ストーブはニオイが臭い。だったら排気が綺麗で空気を汚さない製品を選べばいい。ニオイの元は灯油の不完全燃焼によるものだから独自技術の「二段階燃焼(ダブルクリーン)」機能を搭載した石油ストーブを選べば、一段階目で発生した一酸化炭素や二酸化炭素などのニオイの元となる燃焼ガスを二段階目で完全に燃焼するのでほとんど無臭になる。

本製品は「二段階燃焼(ダブルクリーン)」搭載の石油ストーブです。

また、石油ストーブは火力調節幅がほとんどないのが当たり前なのですが、本製品は火力調節幅が100%(3.60kW)から60%(2.16kW)まで調節できるので灯油代の節約もしやすいです。

「石油ストーブ」ランキング第2位
「トヨトミ 反射式 RC-S28G」

  • 木造:7畳
  • コンクリート(鉄筋):10畳
  • 暖房出力と燃費:最大2.75kW(0.267L/h)
  • タンク容量:3.6L(こぼれま栓)
  • サイズ(cm):幅42.8 奥行31.5 高さ45.3
  • 電池:単二形4個

トヨトミ(メーカー名)の燃料タンクは灯油の補充が簡単にできる改良がしてある。「こぼれま栓」という名前で油漏れしにくい構造になっており、給油口の締めが緩い状態で燃料タンクをひっくり返してもこぼれま栓!

また、本製品は芯がかなり長持ちする「でるでる芯」機能があります。芯が劣化して火力が弱くなっても芯の中に予備の芯が2㎜ずつ3段階で入っているので長く使えます。

トヨトミはファンヒーターも昨年の灯油が使える高耐久バーナーが搭載されているなど、暖房器具全体の耐久性が非常に高く、壊れにくいのでおすすめです。

本製品は「二段階燃焼(ダブルクリーン)」搭載の石油ストーブなのでニオイも抑えます。

「石油ストーブ」ランキング第3位
「トヨトミ 反射式 RS-H29G」

  • 木造:8畳
  • コンクリート(鉄筋):10畳
  • 暖房出力と燃費:最大2.87kW(0.279L/h)
  • タンク容量:3.6L(こぼれま栓)
  • サイズ(cm):幅31.2 奥行35.6 高さ46.0
  • 電池:単二形4個

本体サイズが幅・奥行ともにコンパクトなので狭い部屋に置いても邪魔にならなりません。それに暖房能力も本体が小さいくせに最大2.87kW(燃費0.279L/h)と非常に高火力です。小型の省スペース高火力の石油ストーブです。かなり売れています。

本体上部には取っ手(ハンドル)が付いているので持ち運びも簡単にできます。取っ手の作りはしっかりした作りになっており、摩擦傷も付きにくいように塗装も厚く塗ってあります。

旧型「RS-H29F」もレビュー多いから参考になると思います。

「石油ストーブ」ランキング第4位
「コロナ 反射式 RX-2216Y」

  • 木造:6畳
  • コンクリート(鉄筋):8畳
  • 暖房出力と燃費:最大2.24 kW(0.218 L/h)
  • タンク容量:3.7L(よごれま栓)
  • サイズ(cm):幅45.2 奥行32.4 高さ47.5
  • 電池:単一形2個

約7,500円で買える安い石油ストーブです。値段は安いけど、着火や消化が静かで動作音もなく、コンパクトながら十分なタンク容量も備えているので人気があります。

旧型「RX-2215Y」も人気でamazonレビュー100件を超えています。天板にはやかんを置くこともできるので加湿器いらずで、鍋も扱えます。電池の単一形が2個あれば電源不要なので停電時や非常用にも安心して使えます。安心の日本製です。

「石油ストーブ」ランキング第5位
「トヨトミ 対流型 RB-25F」

  • 木造:7畳
  • コンクリート(鉄筋):9畳
  • 暖房出力と燃費:最大2.5kW(0.243L/h)
  • タンク容量:4.9L
  • サイズ(cm):幅38.8 奥行38.8 高さ47.4
  • 電池:単二形2個

小型で扱いやすく、かわいらしいデザインです。色は白色も良いけどピンク色が映えます。燃焼室は特殊ガラスでコーティングされているので炎の輪が七色に輝きます

この七色に輝く炎はおよそ40Wの明るさがあるのでちょっと暗い所で使ったら間接照明のようになります。

対流形なので付けてすぐに暖かくはなりません。ストーブの熱は一旦すべて上にあがりゆっくりと部屋全体を暖めてくれます。速暖性はないけど、一度部屋が温まると温度が下がりにくく非常に快適です。

火力調節幅は50%でストーブの中では広いほうです。灯油の節約が他の機種よりできます。タンク容量は4.9Lなので小柄な外観の割にかなり入ります。タンクは2重タンク構造なのでもし本体が点灯しても油がこぼれにくく安全です。

「石油ストーブ」ランキング第6位
「コロナ 反射式 SX-E2916Y」

  • 木造:8畳
  • コンクリート(鉄筋):10畳
  • 暖房出力と燃費:最大2.87 kW(0.279 L/h)
  • タンク容量:4L(よごれま栓)
  • サイズ(cm):幅45.2 奥行32.4 高さ51.0
  • 電池:単二形4個

コロナの上位モデルの石油ストーブです。本製品には「遠赤ブレード」が付いているので強力な遠赤外線を放射します。遠赤外線の効果によって温度計の温度とは別に体の芯から暖めてくれます。

石油の臭いニオイはトリプル消臭(においとり・クリーン燃焼・ニオイカット消火)によって従来品の1/3に減っています。昔のストーブを使っていて買い替えるのであればかなりニオイの低減が実感できます。

本製品には大きいサイズ「SX-E3516WY」があります。木造9畳でコンクリート(鉄筋)が13畳です。タンク容量は5Lなので灯油の補充が面倒な人はタンク容量が他より少し大きいこちらのSX-E3516WYがおすすめです。

「石油ストーブ」ランキング第7位
「アラジン 反射式 AKP-U288」

  • 木造:8畳
  • コンクリート(鉄筋):10畳
  • 暖房出力と燃費:最大2.80kW(0.272L/h)
  • タンク容量:4.4L(カチッとキャップ)
  • サイズ(cm):幅34.5 奥行32.7 高さ49.6
  • 電池:単二形4個

3h/5h/8hの自動消火タイマー機能付き。自動消火タイマーがあるから切り忘れの防止になり、一酸化炭素中毒の予防になります。高齢者でも安心して石油ストーブが使えると思います。操作はダイヤル式だから回すだけの簡単操作でタイマー設定できます。

給油タンクの蓋は「NEWカチッとキャップ」です。音で締まったのが確認できるキャップで、キャップを最後まで締めるとカチッ・カチッと音がします。キャップの締めすぎも解消できるので旦那さんが締めた後に奥さんが灯油を補充するときにキャップが開かないといったことがありません。

排ガス浄化触媒を搭載しているので運転時の一酸化炭素の発生を低減します。また、消臭効果もあります。「においとる機能」は消火すると同時にマイクロモーターが回転して、タンク内に未燃ガスを吸い込みニオイを抑えてくれます。

「石油ストーブ」ランキング第8位
「アラジン 対流型 BF3911」

  • 木造:7畳
  • コンクリート(鉄筋):10畳
  • 暖房出力と燃費:最大2.68kW(0.260 L/h)
  • タンク容量:4.1L
  • サイズ(cm):幅38.8 奥行40.5 高さ55.1
  • 電池:チャッカマン・ライターなど

石油ストーブの炎の色から名づけられた「ブルーフレーム(青い炎)」は着火時から青い炎で部屋を暖めてくれます。青い炎は灯油の燃焼状態が良い証拠です。

炎の色は燃焼状態を表しています。酸素がうまく供給されていたら青い炎になり、酸素不足だと黄色の炎になります。青い炎で燃焼状態が良いと悪臭の元である未燃焼ガスの発生がしにくい特徴があります

ちょっと価格が高いですが、その代り細部まで作り込まれています。石油ストーブを長く愛用したい人におすすめです。デメリットは炎を付けるのにチャッカマンやライターが必要なことです。

冬に向けた暖房器具







-石油ストーブ

Copyright© 家電王 , 2018 All Rights Reserved.