家電の人気ランキングと選び方

家電王

2017年の軽くて吸引力が強い掃除機ランキング

2017年の軽くて吸引力が強い掃除機ランキングを紹介します。女性のほうが掃除機を使った掃除の回数が多いため各メーカーとも本体の大きさ・重さとゴミの捨てやすさ、それから掃除機でもっとも大事な吸引力に力を入れている傾向があります。

また、近年ではロボット掃除機の活躍もあるので二台目としてちょこっと掃除できるスティックまたはハンディタイプの掃除機も注目を集めています。

掃除機ランキング第1位
「パナソニック Jコンセプト 紙パック式掃除機 MC-JP520G」

  • タイプ:紙パック「逃さんパック AMC-HC12
  • 集じん容積:1.2L
  • 重さ:2kg(本体質量)
  • コードの長さ:5m
  • 付属ノズル:ブラシ付き3段伸縮ロングすき間ノズル

本体を引きながら掃除するキャニスター型で世界最軽量の掃除機。2Lのペットボトルと同じ重さ。とにかくコンパクトで軽いから女性やお年寄りが使うのにおすすめです。

吸引したゴミが集まる紙パックは「逃さんパック」を使います。この”逃さんパック”は不織布で作られているためダニのフンや死骸、花粉などのハウスダストを約99.9%逃がしません。

また、逃さんパックは消臭加工に加え、Ag+銀イオン抗菌加工が施されているので掃除機の排気がとてもキレイです。ハウスダストアレルギーのある人にもおすすめです。

掃除機ランキング第2位
「三菱 紙パック式掃除機 Be-k TC-FXF8P」

  • タイプ:紙パック「MP-9MP-7MP-3MP-2
  • 集じん容積:1.5L
  • 重さ:3.8kg
  • コードの長さ:5m
  • 付属ノズル:2WAYロングノズル

この「TC-FXF8P」は自走式ブラシだからブラシの回転する力でヘッドが前へ進んでくれるので絨毯の上でも軽い操作性で掃除できる。吸引仕事率も500Wと吸引力が非常に強い。

操作スイッチから伸縮パイプまでの間には家具を傷付けにくい馬毛の「すみずみブラシ」が付いている。伸縮パイプを外してすみずみブラシを本体から起こせばテーブルや棚の上などを拭き取るように掃除することもできます。

価格は約2万円と安く購入できるのでおすすめの紙パック式掃除機です。紙パックは「MP-9、MP-7、MP-3、MP-2」と4つから選べます。

掃除機ランキング第3位
「日立工機 18V R18DSAL(LYP) 急速充電器付」

  • タイプ:ダストケース
  • 集じん容積:600mL
  • 重さ:1.4kg
  • 充電時間:30分
  • 連続使用時間:48分
  • 付属ノズル:すき間ノズル

業務用クリーナーはマキタより日立工機から発売されているこの「R18DSAL(LYP)」のほうが実は吸引仕事率が高くバッテリーも長持ちします(動画参照)。マキタの陰に隠れた名品です。

この「R18DSAL(LYP)」は業務用クリーナーのため除塵機構搭載しており、ゴミが集まるダストケース部分に3つの除塵ブレードが付いています。ゴミ捨て時にダストケースを2~3回転させることでプレフィルターに付着したゴミのお掃除ができます。

ダストケース内のフィルターは性能が悪いのでマキタの高性能フィルターA-58207(非公式互換有)に付け替えがおすすめです。

マキタと吸引力の比較。動画には「R18DSAL(LYP)」の下位モデルも出てます。

掃除機ランキング第4位
「ダイソン V8 アニマルプロ」

  • タイプ:サイクロン
  • 重さ:2.55kg
  • 充電時間:5時間
  • 連続使用時間:強7分、通常(モーター駆動) 25分、通常40分
  • 付属ノズル:「コンビネーションノズル」、「すき間ノズル」、「ミニモーターヘッド」、「フトンツール」、「延長ホース」、「ハードホース」

基本仕様は型落ちV6シリーズと同じです。ただ、ヘッドが改良されて硬いナイロンブラシとカーボンファイバーブラシの特殊配列になったことでカーペットの奥深くまで入り込んだゴミやペットの毛絡みをかき出す集じん能力が従来比より格段に向上しました。

まさにペットの抜け毛に困っている人に開発された「アニマルプロ」と呼べる掃除機です。ペットを多頭飼いしている人にぜひおすすめです。価格はびっくりするけど、費用対効果が高いので気にいると思います。

掃除機ランキング第5位
「東芝 トルネオV VC-MG900」

  • タイプ:サイクロン
  • 集じん容積:0.4L
  • 重さ:3.2kg
  • コードの長さ:5m
  • 付属ノズル:「電動ふとんブラシ」、「ロングブラシ」、「すき間ノズル」

掃除機を長年使っていると排気が臭くなることありますよね。サイクロン掃除機は基本的に水洗いできないので無理に分解して無理やり水洗いするか、買い替えるしかありません。

でもこの「トルネオV VC-MG900」はサイクロン部分の分解が簡単にできるようになっており、小さなサイクロンひとつひとつの中まで水洗いできる構造(仕組み)になっています。

また、排気の臭いを取るゼオライトフィルターと脱臭フィルター付きで、こちらのフィルターも汚れたら外して洗うことができます。掃除機を長く使うことを考えて、排気清浄を保てるようになっています。(自走式ブラシもファイバー素材なので水洗いも可能)

掃除機として肝心の吸引力は、吸引力が長持ちするフィルターレス構造になっています。サイクロン掃除機はフィルターに細かいゴミが目詰まりして吸引力の低下を招くのですが、フィルターがないので吸引力が持続します。

排気するときの吐き出し口は「高集塵フィルター」により0.3μm以上の微細塵を約99.999%捕塵できるのでフィルターレスでも細かいゴミが排気として排出されるようなことはありません。

ゴミ捨て時は空気と一緒に吸い込んだゴミを遠心分離しながら1/5まで圧縮。捨てるときにポコッと取れてホコリの舞い上がりを防ぎます。

掃除機ランキング第6位
「エレクトロラックス エルゴラピード・リチウム ZB3114AK」

  • タイプ:サイクロン
  • 集じん容積:0.5L
  • 重さ:2.6kg(ハンドル部分は1.2kg)
  • 充電時間:4時間
  • 連続使用時間:最大16分、通常45分
  • 付属ノズル:「ロングすき間ノズル」、「すき間ノズル」、「ブラシノズル」、「布団ノズル」、「布用ノズル」、「ホース」

ブラシにホコリや髪の毛が巻き付いてて触りたくないことありますよね。そのようなニーズに合わせて「ブラシロールクリーン機能」があります。

ブラシロールクリーンは手を使わずにヘッド部分のスイッチを足で踏むだけでブラシに絡むホコリや長い髪の毛をカットして吸引してくれるので簡単に毛絡み除去できます。

ただ、ブラシロールクリーンは硬くて太い糸などは切れません。女性の長い髪の毛であればカットできます。

掃除の幅を広げる6種類のアタッチメント付き。すき間ノズルは狭いところ。ふとんノズルはベッド用。布用ノズルはソファやクッションやカーテンなど。

コードレス掃除機でも2IN1のスティック&ハンディタイプだからアタッチメントの豊富さで細かいところの掃除がしやすくなっています。アタッチメントを必要に応じて購入しなくていいところに人気があります。

掃除機ランキング第7位
「マキタ 10.8V CL107FDSHW(バッテリー・充電器付)」

  • タイプ:紙パック「抗菌紙パックA48511
  • 集じん容積:330mL
  • 重さ:1.1kg(バッテリー含む)
  • 充電時間:22分
  • 連続使用時間:パワフル10分、強12分、標準25分
  • 付属ノズル:「ストレートパイプ」、「すき間ノズル」

この「CL107FDSHW」はマキタの現行機種の中で一番吸引力が強く、ゴミの除去率も一番高くなっています。既存機種よりもパワー・持続時間・充電時間、すべて性能向上しているのでマキタのクリーナーを買うならまずこの機種を選択肢の一つとして抑えておくのが鉄則です。

重さが1.1kgと超軽量な点と充電時間がコードレスクリーナーの中でかなり短いのが目に見張る特徴です。22分の充電時間は他メーカーと比較すると圧倒的です。スマホで考えればわかりますが、充電時間が短いほうが何かと便利に使えます。

電源スイッチはワンタッチボタン式で一回目のクリックで強モード、2回目パワフル、3回目標準となっています。取っ手にはLEDライト付きで暗いところでの掃除や、バッテリー残量が少なくなった時に点滅してお知らせしてくれます。

掃除機ランキング第8位
「アイリスオーヤマ 超軽量スティッククリーナー IC-SLDC1」

1.3kgの軽量スティッククリーナーだけどヘッドに秘密があります。回転ブラシがない代わりにヘッド内部で回転する気流を発生させてゴミをかきあげながら吸引します。

回転ブラシがないタイプの掃除機だからフローリングや畳などの傷が目立つ場所のお掃除に向いていますが、ヘッド内部で回転する気流を作り出す特徴があるので色々な場所で汎用性がある使い方ができます。

価格は1万円弱と安くて高級掃除機にしか付いていない赤外線でゴミを見分ける「ほこり感知センサー」も付いています。

それに替えの紙パック(Ag+銀イオン加工)は25枚入りで500円以下(1枚あたり20円以下)と格安で買えるので弱点である紙パックのコストも気になりません。一人暮らしでたまに掃除するんだという人には十分な機能と価格になっています。

掃除機ランキング第9位
「日立工機 7.2V R7DL(LC)」

  • タイプ:ダストケース
  • 集じん容積:560mL
  • 重さ:1kg(ノズル・延長管除く)
  • 充電時間:90分
  • 連続使用時間:強10分、標準12分、弱20分
  • 付属ノズル:「すき間ノズル」、「延長管」

「R7DL(LC)」は価格が一万円以下のコスパ重視のコードレス掃除機になります。充電時間や吸引仕事率は最新モデルより落ちますが、機能面では上位機種にも付いている除塵機構搭載でゴミ捨てがしやすくなってます。(替えバッテリー型番BCL715も他機種より安い)

電源スイッチはパネル式です。中と小は同じボタンで、強は独立ボタンがあります。充電が終わったらLEDランプでお知らせしてくれるし、電池が切れそうなときもお知らせしてくれます。連続使用時間から見るとワンルームやちょっとした掃除のときに役立ちます。

ダストケース内のフィルターは性能が悪いのでマキタの高性能フィルターA-58207(非公式互換有)に付け替えがおすすめです。

掃除機ランキング第10位
「TWINBIRD サイクロンスティック型クリーナー TC-E123」

  • タイプ:サイクロン
  • 集じん容積:0.6L
  • 重さ:1.7kg
  • コードの長さ:4.5m
  • 付属ノズル:すき間ノズル

Amazonカスタマーレビュー2600件越え、18人が質問に回答のスティック&ハンディ掃除機。Amazonで一番人気があります。人気の理由は何といっても価格が3,000円~4,000円と安いことにあります。

価格が安くて、1.7kgと軽い上に70Wと吸引力もある。さらに本体が自立できるので立てたまま収納できます。ちょっとスペースがあれば収納できるので見えないように隠して収納できます。

レビューも見ると不満点もいくつかありますが、皆さん口を揃えて言うのが、価格の安さが多少のデメリットを帳消しにしてくれるような、そんな掃除機ということです。

よく一緒に購入されている商品







-掃除機

Copyright© 家電王 , 2017 All Rights Reserved.