家電の人気ランキングと選び方

家電王

2019年の人気がある「電子レンジ・オーブンレンジ」ランキング

2019年の人気がある「電子レンジ・オーブンレンジ」ランキングを紹介します。電子レンジは単機能レンジとも呼び、食品をあたためる機能が付いたものです。オーブンレンジはあたため以外にもオーブンやグリルの機能が付いたものとなります。スチームオーブンレンジはオーブンレンジにスチーム(過熱水蒸気)が使えるものとなります。

電子レンジ・オーブンレンジランキング第1位「パナソニック NE-MS265」

ロングセラーモデルのオーブンレンジ
  • タイプ:オーブンレンジ
  • 庫内容量・形状:26L/フラット
  • 外形寸法:幅500mm×奥行400mm×高さ347mm
  • レンジ手動出力:800・600・500・300・150W相当
  • オーブン温度:100~250℃
  • 2段調理:不可
  • 付属品:角皿(波付き)

本機種のモデルはロングセラー商品です。型落ちの「NE-MS264」・「NE-MS263」・「NE-MS262」ともにレビュー件数が多く高評価が多いです。型落ちでもスペックはあまり大差がないので購入される場合は型落ちの価格を確認したほうがいいです。

電子レンジの手動出力は800W・600W・500W・300W・150Wの5段階切り替えができるため思い通りのレンジ加熱ができます。あたためセンサーは赤外線センサーです。

操作部は上からディスプレイ、次に自動調理メニューの中でよく使われるメニュー(飲み物/熱燗・お好み温度・半解凍/全解凍・ノンフライ)とスタートボタンがあります。一番下には時間設定などに使うダイヤルとグリルとオーブンのボタンがあります。

ドアの下部には自動調理メニューの料理名と番号が振ってあるので説明書を見なくても設定で合わせられます。ちなみに自動メニューには「煮物10分」と「パスタ10分」などがあります。煮物10分は2〜3人分の肉じゃがなどが、パスタ10分はボウルにパスタの材料を入れてレンジに入れるだけで1人前のパスタが10分で作れます。

価格は約3万円で赤外線センサー付きのオーブンレジンとしてはかなり安いです。高機能じゃなくていいから基本的な性能を備えたオーブンレンジが欲しいと思っている方の買い替えに最適な機種です。

下位モデルには庫内容量が23Lで蒸気センサーの「NE-MS235」もあります。

電子レンジ・オーブンレンジランキング第2位「シャープ RE-SS10B」

お菓子・パンメニューが充実した2段オーブン
  • タイプ:スチームオーブンレンジ
  • 庫内容量・形状:31L/フラット
  • 外形寸法:幅490×奥行445×高さ370mm
  • レンジ手動出力:600・500・200W相当
  • オーブン温度:110~250℃
  • 2段調理:可能
  • 付属品:角皿(2枚)、スチームカップ

本機種は熱風コンベクションオーブンです。お菓子・パンメニューが充実しているのでご家庭でお菓子やパン作りするのに最適です。庫内は2段になり、庫内容量は31Lなので一度にたくさんのお菓子やパンを作ることができます。

コンベクションオーブンは熱風が効率よく庫内を循環するように作られているので焼きムラができにくく、きれいな焦げ目をつけることができます。また、本機種はスチームカップに水を入れて庫内の右端に置くとスチームが使えるので、スチームを使ってスポンジケーキなどを焼けば生地をしっとりと仕上げることができます。

2段調理可能でコンベクション、この条件で価格が約27,000円と安いので売れ筋となっています。運転中に庫内を確認する庫内灯ボタンも付いています。

電子レンジ・オーブンレンジランキング第3位「パナソニック NE-E22A2」

ロングセラーモデルの単機能レンジ
  • タイプ:単機能レンジ
  • 庫内容量・形状:22L /ターンテーブル
  • 外形寸法:幅488mm×奥行368mm×高さ279mm
  • レンジ手動出力:700・500・150W相当

本機種の単機能レンジはロングセラー商品です。型落ちの「NE-E22A1」・「NE-EH229」・「NE-EH228」すべてレビュー件数が多く高評価が多いです。

電子レンジの手動出力は700W・500W・150W相当の3段階切り替えが可能です。庫内はターンテーブル式で蒸気センサーを搭載しています。庫内容量は22Lでターンテーブルの直径が約28.5cmと同じ庫内容量の単機能レンジの中で一番庫内寸法が大きいです。大きめのコンビニ弁当でもすっぽり入ります。

外形寸法は庫内容量に比べて小さく、重さも軽い(9.4kg)のでもう一回り小さい単機能レンジと同じスペースに置けます。本機種はインバーター搭載なのでヘルツフリーです。深夜に帰ってきて家族に気を使わなくていい消音ボタンもあります。操作音・運転終了音・取り忘れ音を消せます。

電子レンジ・オーブンレンジランキング第4位「パナソニック NE-BS805」

食品の中央から加熱して温めムラがない
  • タイプ:スチームオーブンレンジ
  • 庫内容量・形状:30L/フラット
  • 外形寸法:幅494mm×奥行445mm×高さ370mm
  • レンジ手動出力:800・600・500・300・150W相当・300Wスチーム
  • オーブン温度:80~300℃
  • 2段調理:可能
  • 付属品:ビストログリル皿(1枚)、角皿(2枚)

本機種はコンベクションオーブンの2段調理タイプです。オーブンの温度は80℃~300℃まで幅広く調節できるのでオーブン料理が捗ります。また、グリル料理も火力がしっかりあるので肉や魚を裏返さなくても両面をこんがり焼くことができます。冷凍庫で凍らせておいた肉や魚を解凍せずに凍ったままグリルに入れて焼くこともできるのですごく便利です。

手動のオーブンやグリルの調理中に仕上がりボタンを2秒間押すとスチームを噴射する「スチームプラス」で火の通りやケーキのふくらみを良くしたりすることもできます。

レンジ加熱は「サイクロンウェーブ加熱」を搭載しています。この機能は食品を温めるときに使うマイクロ波を食品の中央付近に放射して中央から周囲へと徐々に加熱する方法です。サイクロンウェーブ加熱は特に食品を解凍するときに役立ちます。解凍は中央が冷たいことが当たり前でしたが、中央から加熱して温めていくので全体的にムラなく解凍できます。また、解凍時の仕上がりは5段階で調節できるので料理に合わせた解凍ができます。なお、レンジ加熱以外にもスチームを使った解凍もできます。

電子レンジの手動出力は800W・600W・500W・300W・150W相当・300Wスチームです。連動調理に対応しており、強火と弱火を組み合わせることが可能です。例えば800Wで10分ほど加熱したあと続けざまに150Wで15分ほど加熱する、このように出力の切り換えを自動で行わせてレンジ加熱ができます。

レンジ加熱には「お好み温度」の機能も付いています。食品の温度を指定して温める方法です。約-10℃~90℃の範囲に指定して温めることができるのでほかほかのごはんやアイスを程よく溶かした状態に温めることができます。

庫内のお手入れは高温スチームで汚れを浮かせて落としやすくできます。また、庫内を高温に温めることでニオイの原因を分解して脱臭することもできます。スチームの給水経路もお手入れ機能が付いており、洗浄しながら水を抜くことができます。クエン酸洗浄にも対応しているので水垢も洗浄できます。

本機種の型落ち「NE-BS804」も評判がいいです。下位モデルの「NE-BS655」も人気があります。本機種と下位モデルの違いはオーブン機能です。本機種のほうが高温のオーブンが使えます。

電子レンジ・オーブンレンジランキング第5位「東芝 ER-SD3000」

高火力×熱対流のスチームオーブン
  • タイプ:スチームオーブンレンジ
  • 庫内容量・形状:30L/フラット
  • 外形寸法:幅498×奥行399×高さ396mm
  • レンジ手動出力:1000・600・500・200・100W相当
  • オーブン温度:100~300℃
  • 2段調理:可能
  • 付属品:角皿(2枚)、調理網(1枚)

東芝の石窯ドームは「高火力×熱対流」が特徴です。庫内は丸みを帯びた石窯のようなドーム状になっており、ドアを除く庫内全面から遠赤外線を放射できるのでハンバーグなどを作るときには内側までしっかり熱を通せます。また、石窯オーブンは加熱が早いので予熱時間が短く済みますし、お肉を予熱なしで焼いても外はカリっと中はジューシーに焼けます。

庫内のLED灯は上下2カ所に付いているので2段調理する際に上下の庫内の様子が見やすいです。なお、調理中にON/OFFできます。天井部のヒーターは出っ張っていません。

普段使いの電子レンジ機能は「庫内の中央に固定された赤外線センサー」と「庫内広域を検知する赤外線センサー」と「温度センサー」のトリプルセンサーで食品の温度と庫内の空間温度を検知して温めてくれます。食品を温めるアンテナは大型化されており、食品を温めるマイクロ波を広域に向けることができるため、二品同時あたための精度が高く、解凍にかかる時間も短くなっています。

本体寸法の奥行は39.9cmです。庫内容量30Lモデルではかなり薄型となっています。設置する際には左右背面ともにぴったり配置が可能です。上方だけ10cm以上開ける必要があります。

下位モデルには「ER-SD100」と「ER-SD80」があります。こちらも売れ筋のスチームオーブンレンジとなっています。

電子レンジ・オーブンレンジランキング第6位「シャープ AX-CA450」

過熱水蒸気だけで調理できる
  • タイプ:スチームオーブンレンジ
  • 庫内容量・形状:18L/フラット
  • 外形寸法:幅490×奥行400×高さ345㎜
  • レンジ手動出力:600・500・200W相当
  • オーブン温度:100~250℃
  • 2段調理:不可
  • 付属品:角皿(1枚)、調理網(1枚)

本機種はヘルシオのコンパクトモデルです。庫内容量は18Lです。上位モデルは庫内容量が26Lと30Lのモデルがあります。

ヘルシオの特徴は、レンジ加熱とは別にスチーム(過熱水蒸気)だけを使った調理ができることです。一般的に過熱水蒸気が使える機種でも最後に過熱水蒸気を使って仕上げるだけで最初はヒーター加熱を使っています。しかし、ヘルシオは最初から最後まで過熱水蒸気だけで調理することができます。過熱水蒸気だけで調理できることで「減塩」と「脱油」の料理が作れます。

過熱水蒸気で食品の表面に浮いている塩分と油分を流せるのは何となく想像が付くと思いますが、食品の塩分は濃度の高いところから低いところへ移動する性質があるため表面の塩分が流されたら食品の中の塩分が表面に移動し、表面の塩分が流れるといった繰り返しでしっかりと減塩ができます。

油分も温められると表面に滲み出てくるので塩分と同じように過熱水蒸気の水分と一緒に流れ出ます。過熱水蒸気だけで調理すると水分でベチャつかないか心配ですが、調理経過とともに食品の表面温度が上がり、水分が蒸発するのでカラッと仕上がります。

また、ヘルシオのすごいところは同時調理に向いているところです。過熱水蒸気は温度の低いところに多くの熱を与える特性があるので、火加減や加熱時間が違う食材を一度に熱しても同時に仕上げることができます。

本機種の型落ちは「AX-CA400」です。

電子レンジ・オーブンレンジランキング第7位「アイリスオーヤマ PMO-22T」

単機能レンジで手動900Wが使える
  • タイプ:単機能レンジ
  • 庫内容量・形状:22L/ターンテーブル
  • 外形寸法:幅48.5×奥行39.7×高さ29.2cm
  • レンジ手動出力:900・700・500・200W相当

本機種は間口31.4cm・庫内奥行き34.7cm・庫内高さ22.1㎝・ターンテーブル直径27cmです。大きめのお弁当もすっぽり入ります。価格は約9,000円とかなり安いです。

特徴は単機能レンジで最大出力が900Wと大きいです。他の単機能レンジは自動あたためのときに高出力が短時間限定で使えますが、本機種は手動出力時に900Wが最長15分使えます。

自動あたためには「お弁当 大/小 ボタン」があります。お弁当を温めるときにお弁当の大きさを選べば正確に自動あたためができます。また、自動あたためでは「仕上がり 弱/強ボタン」付きです。自動あたための仕上がりを熱めに仕上げたいときは強ボタン、ぬるめに仕上げたいときは弱ボタンを押すことで微調整できます。

インバーター搭載でヘルツフリーですし、省エネ性にも優れています。また、200Wで食品の解凍をするときもインバーター非搭載の電子レンジと比べれば上手に解凍できます。

電子レンジ・オーブンレンジランキング第8位「東芝 ER-SS17A」

ドアの縦開き・横開きが選べる
  • タイプ:単機能レンジ
  • 庫内容量・形状:17L/フラット
  • 外形寸法:幅458×奥行354×高さ281mm
  • レンジ手動出力:900・600・500・200W相当

本機種はドアの開閉方向が選べます。ER-SS17A(縦開き)/ ER-SS17B(横開き)となっています。左右から出しやすい縦開き、冷蔵庫の上でも出し入れしやすい横開きです。庫内の間口は29.3cmで庫内容量が17Lと小さいですが、なかなかの大きさです。庫内はフラットでお手入れが簡単です。

レンジ加熱の手動出力で900Wを選ぶことができますが、最大1分30秒までとなっています。以降は600Wに切り替わります。自動メニューはあたため/冷凍ごはん・冷凍おかず/のみもの/お弁当の4コースを搭載しています。すべてショートカットキーです。

仕上がり調節キーで手動あたため・自動メニューを使うときに加熱の強弱微調整ができます。時間合わせは「分単位」と「10秒単位」で設定できます。デジタルタイマーなので一分以下の温めでも簡単に設定できます。ディスプレイにはオレンジのバックライトが付いているので逆光時でも文字が見やすく使いやすいです。

電子レンジ・オーブンレンジランキング第9位「パナソニック NE-T15A2」

トーストを裏返さずに焼ける
  • タイプ:オーブンレンジ
  • 庫内容量・形状:15L/ターンテーブル
  • 外形寸法:幅455mm×奥行352mm×高さ293mm
  • レンジ手動出力:500・300・150・100W(相当)
  • オーブン温度:100~230℃
  • 2段調理:不可

本機種はオーブレンジではありますが、庫内容量が小さいことから本格的に使えるものではありません。ちょっとした料理やトーストに使いたい人向けです。

トーストは一度に2枚まで焼けます。フランスパンは食パンと同じ厚さに切れば焼くことができます。ターンテーブル式なので丸皿は取り出してトーストを焼くことになります。加熱時間の目安は1枚だと約4分30秒、2枚だと5分30秒です。トーストは途中で裏返さずに焼けます。

自動メニューにはお弁当あたため/トースト1枚/2枚/フライあたため/全解凍/半解凍/飲み物などがあります。他の自動メニューは「自動メニューボタン」を押して選びます。メニュー番号はドアの下部に印字してあるので説明書を取り出さなくてもドアを見て番号を合わせればいいです。

温度/仕上がりボタンが付いています。レンジ加熱の温度・仕上がりを5段階(弱~強)に調節できます。ごはんやおかずを熱々にしたいなら強合わせると上手に温めができます。

ドアは「らくらくハンドル」になっています。ドアの開閉ノブが下側に付いており、軽い力でドアを開閉できます。女性でも扱いやすいです。

型落ちの「NE-T15A1」はレビュー件数・評価ともに良いので気になるなら参考にどうぞ。

電子レンジ・オーブンレンジランキング第10位「シャープ RE-S70B」

キャッチ
  • タイプ:オーブンレンジ
  • 庫内容量・形状:20L/ターンテーブル
  • 外形寸法:幅470×奥行395×高さ300mm
  • レンジ手動出力:600・500・200W相当
  • オーブン温度:100~250℃
  • 2段調理:不可

本機種は庫内容量が20Lでターンテーブル式のオーブンレンジです。レンジ加熱とトーストが目的ならおすすめです。

自動メニューのショトートカットキーには牛乳・酒/トーストがあります。他にはコンビニ弁当あたため/フライあたため/ゆで野菜などがあります。手動加熱の時間合わせや自動メニューの番号に合わせるときは回転つまみを操作します。

自動メニューのトーストは途中で裏返す必要はありません。一度に加熱できる量は4枚切りで2枚までです。加熱時間の目安は1枚だと5分30秒、2枚だと6分です。ターンテーブルを取り外す必要があります。

解凍にはサックリ解凍と全解凍があります。サックリ解凍は食材の使わない分を再冷凍する場合などのときに包丁がやっと入る状態まで解凍できます。全解凍はすぐに調理できる状態まで解凍します。

庫内容量が15Lと小さい「RE-S50B」 もあります。

ECサイトの売れ筋ランキング

なお、ご参考までに楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

楽天市場 売れ筋ランキング

Amazon 売れ筋ランキング

Yahoo! ショッピング売れ筋ランキング







Copyright© 家電王 , 2019 All Rights Reserved.