家電の人気ランキングと選び方

家電王

2019年の女性に人気があるヘアドライヤーランキング

2019年の女性に人気があるヘアドライヤーランキングを紹介します。一番女性に人気があるのはパナソニックのナノケアです。ナノイーの効果でキューティクルの密着性を高めて指通りが良くなるので使って良さを実感しやすいです。ただ、値段が高いので予算の都合上、他のヘアドライヤーも結構売れています。

ドライヤーランキング第1位「パナソニック ナノケア EH-NA9A」

ナノケアの最新モデル
  • 消費電力:1200W(ターボ/ホット時)
  • 温風温度:約125℃(ドライ・室温30℃の時)
  • 風量:1.3m3/分(ターボ時)
  • 本体質量:約575g(セットノズル含まず)
  • コードの長さ:1.7m
  • 折りたたみ:可能
  • 付属品:セットノズル

ナノケアの最新モデル。独自技術のナノイーとダブルミネラルで髪のキューティクルの密着性を高めて指通りの良いまとまりある髪に仕上げることができます。また、キューティクルの密着性を高めることで紫外線とブラッシング時の摩擦ダメージを抑える効果があります。カラーリングした髪も効果を実感できます。

機能は用途別に5つの専用モードを搭載。「温冷リズムモード」は自動で温風と冷風を交互に切り替えてくれます。「毛先集中ケアモード」は毛先の仕上げに適した温風・冷風を交互に発生してくれます。前述した温冷リズムモードと似ていますが、毛先を逃がしにくい弱風でより集中的にケアができます。他にも「インテリジェント温風モード」、「スキンモード」、「スカルプモード」があります。ナノケアでのおすすめの乾かし方は、まず普通に温風で髪を乾かし、次に温冷リズムモードを使い、最後に毛先集中ケアモードを使うと髪の表面が整いツヤ感がUPし、毛先もまとまります。

本機種はお値段が高いので型落ち「EH-NA99」を検討してもいいかもしれません。

ドライヤーランキング第2位「パナソニック ナノケア EH-NA2A」

ナノケアの軽量・小型タイプ
  • 消費電力:1200W(ターボ時)
  • 温風温度:約110℃(ターボ時/室温30℃の時)
  • 風量:1.3m3/分(ターボ時、ノズル装着無し)
  • 本体質量:約475g(速乾ノズル含まず)
  • コードの長さ:1.7m
  • 折りたたみ:可能
  • 付属品:速乾ノズル

本機種は軽量・小型タイプ。ナノケアの中で一番軽い、重さ約475g(速乾ノズル含まず)です。使わないときは折りたたんで収納できます。小型でも力強く髪を乾かせるように取り外し式の速乾ノズルが付属しています。速乾ノズルは上位モデルにも搭載されているノズルで、ノズル内の風の通り道が区分されており、区分ごとに強・弱の風がでます。髪を乾かすときに強弱の風で毛束をほぐしながら乾かせるので一定風量のドライヤーよりも乾きが早いです。

ナノイー搭載。ドライヤーの熱で髪の水分が蒸発してパサつくのを防いでくれます。ナノイーは髪に浸透して水分バランスを整える効果があるので髪のうねりを防ぎ、しっとりまとまる髪に仕上げます。

ナノイーの効果が現れにくい人もいます。縮毛の人、強いクセ毛の人、髪質がサラサラの人、縮毛矯正をして3-4カ月以内の人、ベリーショートの人。これらに該当する人はナノイーの恩恵を受けにくいのでわざわざ値段の高いナノイー搭載のヘアドライヤーを買うより他の機種にしたほうがいいです。

ドライヤーランキング第3位「クレイツイオン グレイス ムービングドライ CID-S729PG」

スウィングモード搭載
  • 消費電力:1500W(風量HIGH・温度HIGH設定時)
  • 本体質量:約475g
  • コードの長さ:3.0m
  • 折りたたみ:不可

温風の吹出口が自動で左右に動く「スウィングモード」によって美容師のドライテクニックが自宅でも味わえます。

スウィングモードはドライヤーを動かさなくても温風を拡散することが可能なため、髪の根元や毛先のオーバードライを防ぐ事に加え、速乾性を高める効果があります。

それにドライヤーを動かす必要がないということは手首が疲れにくいことにも繋がります。約5千円と格安なドライヤーで3段階温度調節、2段階風量調節、COOLスイッチが付いたドライヤーはこれしかありません


ドライヤーランキング第4位「テスコム Nobby NB1500」

業務用の超軽量仕様
  • 消費電力:1200W
  • 温風温度:約120℃(周辺温度30℃、フードなしの時)
  • 本体質量:約339g(コードを含まない)
  • コードの長さ:3.0m
  • 折りたたみ:不可
  • 付属品:フード

Nobbyシリーズの「NB1500」は業務用の超軽量仕様。重さが339gでヘアドライヤーの中で一番軽い。ただ、自宅で使うことは考えられていないので持ち手部分は折りたたみできません。それにコードは業務用なので3mと長く、無駄に長い。

でも、本体が軽くて薄く、プロ仕様なので冷風もしっかり風量があるので女性に人気があります。日本の美容室でもドライヤーシェアNo.1なので実績もあります。

価格は約5,000円と安いです。市販のドライヤーと値段を比較すると圧倒的にコスパが良いのでおすすめです。

マイナスイオンが付いていない廉価版の「NB1903」もあります。

ドライヤーランキング第5位「ルーヴルドー 復元ドライヤー LJ-365」

振動で水分を吹き飛ばす
  • 消費電力:750W
  • 温風温度:約80℃(HIGHモード)
  • 本体質量:約715g
  • コードの長さ:3.0m
  • 折りたたみ:不可
  • 付属品:先端ノズル

本機種は温風を当てて熱で乾かす一般的なヘアドライヤーではありません。振動で水分を吹き飛ばす振動気化乾燥方式のヘアドライヤーです。

振動気化乾燥方式とは聞き慣れませんが、髪表面の水分を振動によって細かくし、風で吹き飛ばして乾かすやり方です。熱で乾かさないので水分を保ちながらキューティクルを引き締めて髪がしっとり潤ってまとまり、艶やかに仕上がります。

使い方は温風で乾かすヘアドライヤーとは違います。髪に近づけて近距離から使います。また、熱を逃がすためにヘアドライヤーを振る必要がありません。手首が疲れないので楽です。

ドライヤーランキング第6位「シャープ IB-JP9」

プラズマクラスター搭載
  • 消費電力:1200W(ホット/ターボ時)
  • 温風温度:約115℃(ホット/ドライ時 室温30℃)
  • 風量:1.7m3/分(ホット/ターボ時)
  • 本体質量:約590g
  • コードの長さ:1.7m
  • 折りたたみ:可能
  • 付属品:セット用ノズル、スピードノズル

本機種はプラズマクラスターを搭載しています。風量はターボ時で最大1.7m3/分と強いです。付属品にはスピードノズルとセット用ノズルが付いてきます。スピードノズルを使うと濡れて重くなったロングヘアでもすばやく乾かすことができます。

ビューティーモードを搭載。温風と冷風を交互に吹き出し、髪のキューティクルを引き締めます。このモードはドライヤーによくある機能ですが、プラズマクラスターの効果も合わさり、静電気抑制やカラーリングした髪の退色抑制にもなります。

MODEを搭載。独立したボタンで1回押すごとに温風モードが「HOT→WARM→SCALP」の順番で切り替わります。髪を乾かすのに最適な温風の順番に並べてあるので髪を乾かしながらボタンを押して温風を変え、髪をいたわりながら乾かすことができます。HOTは高温(95℃)の風で髪の根本を乾かすのに向き、WARMは中温(75℃)の風で髪の表面を乾かすのに向き、SCALPは低温(50℃)の優しい風で地肌を乾かすのに最適です。

ドライヤーランキング第7位「パナソニック イオニティ EH-NE6A」

大風量・速乾タイプ
  • 消費電力:1200W(ターボ/ホット時)
  • 温風温度:約105℃(ドライ/ホット時)
  • 風量:1.9m3/分(ターボ時、ノズル装着無し)
  • 本体質量:約530 g(速乾ノズル含む)
  • コードの長さ:1.7m
  • 折りたたみ:可能
  • 付属品:速乾ノズル

本機種は大風量・速乾タイプです。最大1.9m3/分の大風量でパワフルに髪を乾かせます。ノズルは取り外し式の速乾ノズルです。速乾ノズルは上位モデルのナノケアでも使われているもので強風と弱風が同時に吹き出して濡れて出来た毛束をほぐしながら乾かすので乾きが早い特徴があります。

温冷ツインフロー(HOT選択時のみ)を搭載。ノズルから温風が出ているときにノズルの両側面にある吹出口から冷風がでます。一般的によくあるのは温風と冷風が交互にでるものですが、本機種は温風と同時に冷風もでます。ドライヤーを動かしながら使用すると髪に温風と冷風が交互にあたるので毛流れを整えてツヤが出やすくなります。なお、冷風の吹出口の近くにはマイナスイオンの吹出口も付いています。

イオンチャージパネル付きです。持ち手のところに付いています。これは静電気除去シートのような効果があります。一般的に髪はプラスの静電気を帯びやすい性質を持っているのでマイナスイオンをあてることで静電気を抑えて髪がサラサラになります。しかし髪にマイナスイオンをあて続けるとマイナスに帯電してマイナスイオンが付きにくくなります。そこでイオンチャージパネルの出番です。イオンチャージパネルを握っていると髪にたまったマイナスの電気を逃がしてくれるのでマイナスイオンが髪に浸透し続けられるようになります。

ドライヤーランキング第8位「パナソニック EH5101P」

価格が安いけどしっかり
  • 消費電力:1200W(ターボ時)/600W(セット時)
  • 温風温度:約110℃(ターボ時/室温30℃の時)
  • 風量:1.1m3/分(ターボ時)
  • 本体質量:約395g
  • コードの長さ:1.7m
  • 折りたたみ:可能

パナソニックの廉価モデル。軽量で重さが約395gです。風量や温風温度もあるので髪を乾かすのに疲れません。値段は約1,100円と激安です。安物はあまり信用できませんが、パナソニックの製品なので安心できます。また、安いのには理由があり、マイナスイオンなどの機能は付いていません。冷風(弱)、温風(弱)、温風(強)のみとなっています。高機能で値段が張るものよりシンプルで低価格だけどちゃんと使えるものをお探しならぴったりです。レビューも700件以上を超えていて参考になります。

ドライヤーランキング第9位「パナソニック くるくるドライヤー ナノケア EH-KN99」

ボブ、セミロングまでなら大活躍
  • 消費電力:650W(ドライ/温風時)
  • 温風温度:約120 ℃(ドライ/温風・室温30 ℃)
  • 本体質量:約375g(ワイドブローブラシ装着時)
  • コードの長さ:1.7m
  • 折りたたみ:不可
  • 付属品:ワイドブローブラシ、太ロールブラシ、サロンブローブラシ、ボリュームアップブラシ、ノズル

本機種はくるくるドライヤーと呼ばれるものです。コテのようなドライヤーでいろいろなアタッチメントを使い分けて髪の毛を乾かすことができます。ボブ、セミロングの髪の長さまでなら大活躍します。毛先がふわっと自然にカールしますし、内巻きや外ハネにするのも簡単で使い勝手いいです。寝癖を直すのにもおすすめです。

機能的にはナノイー搭載で独立した冷風スイッチ付きです。スイッチを押しているあいだ冷風に切り替わるタイプですが、ロックすることも可能です。

付属しているアタッチメントは全部で5つです。簡単に紹介します。くるくるドライヤーに始めから付いているのが「ワイドブローブラシ」です。櫛の感覚でブラッシングしながら乾かせます。「サロンブローブラシ」は毛束を挟んで両面から温風をあてることができるので髪のクセが伸びやすく、浮き毛を抑えて毛先がまとまりやすくなります。

「太ロールブラシ」は前髪やサイド・バックなど毛先のスタイリングに役立ちます。「ボリュームアップブラシ」はトップやサイド、前髪の根元などを立ち上げやすくなりボリューム感を出せます。「ノズル」は一般的なドライヤーのセットノズルのようなものです。温風のみが出るので普通に乾かせます。

本機種は値段がそこそこするので型落ちの「EH-KN89」も要チェックです。ただし型落ちの製品はサロンブローブラシが付属していません。

ドライヤーランキング第10位「クレイツイオン ホリスティック キュア ドライヤー CCID-P01B」

マイクロミネラルミックス配合
  • 消費電力:1500W
  • 本体質量:約405g(ノズル除く)
  • コードの長さ:3.0m
  • 折りたたみ:不可

本機種は「マイクロミネラルミックス」を配合。マイクロミネラルミックスは髪の水分バランスを整えたり、風量や熱だけに頼らない速乾力があります。

具体的にはマイクロミネラルミックスにより空気中の水分を微粒子レベルの小さな塊にし、温風を髪に当てることで水分が髪に触れ、髪内部まで浸透して毛髪内の水分バランスを整えることで潤いとツヤ感のある髪に仕上げます。使うたびにどんどん髪の状態がよくなっていきます。

また、マイクロミネラルミックス効果で髪の内側と外側から同時に乾かすことでドライ時間の短縮(通常の約60%の時間でドライが可能)により髪への熱ダメージを軽減することができます。

ECサイトの売れ筋ランキング

なお、ご参考までに楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

楽天市場 売れ筋ランキング

Amazon 売れ筋ランキング

Yahoo! ショッピング売れ筋ランキング







Copyright© 家電王 , 2019 All Rights Reserved.