家電の人気ランキングと選び方

家電王

2018年の人気がある「ホームベーカリー」ランキング

2018年の人気がある「ホームベーカリー」ランキングを紹介します。ホームベーカリーの選び方はイーストの自動投入が必要かどうかを初めに考えてください。

イーストは水に触れるとパンのふくらみが悪くなるので材料を入れるときに水に触れないように入れます。この手間を省けるのがイースト自動投入付きのホームベーカリーです。ホームベーカリー初心者はイースト自動投入があったほうがいいです。

ホームベーカリーランキング第1位「パナソニック SD-MDX100」

  • 容量:1斤
  • イースト自動投入:○
  • 具材自動投入:○
  • 予約タイマー:○

パナソニックの最新最上位機種。本機種は簡単に食パンを焼く以外にもオーブンを使った本格的なパン作りをしたい人向けです。「マニュアル機能」搭載でねり・発酵・焼成を各4段階の強さと時間設定ができます。生地の状態を確認するために一時停止をしたり、途中でねりの速度を変更したりなどの調整もできるので思い通りのパンが作れます。

アレンジしたいけど、ちょっとマニュアル機能はまだ早いと思うなら「7種のパン生地メニュー」が使えます。食パン生地、ハード生地、リッチ生地、天然酵母生地、ピザ生地、8分スピード生地、うどん・パスタ生地を自動で作ってくれるので成形だけで済みます。

アレンジができる人でもアレンジがしんどいときは自動で作れる41種のオートメニューを使ってください。数が多いので全部は紹介できませんが、「パン・ド・ミ」と呼ばれるパナソニック独自の3食感パン(もちもち・普通・ふんわり)や、サンドイッチ用のきめ細かい食パンなどが全自動で作れます。

生地を練り上げるモーターは「インバーターモーター」です。回転数を細かく制御できるので低速から高速まで幅広い「ねり」が可能ですし、運転音が静かなので朝にタイマー予約を仕掛けても近所迷惑になる音や振動に悩まされません。

具材投入は粗混ぜと普通の2種類があり、食感を残したいチョコチップなどは粗混ぜを選ぶと粒チョコの形が残ったまま生地が出来上がります。パナソニックのホームベーカリー以外だと具材の粗混ぜが出来なかったりします。

下位機種には「SD-MT1」があります。マニュアル機能がなく、7種の生地メニューが5種類に減り、オートメニューも41種から39種に減ります。価格は1万円ほど安くなります。

ホームベーカリーランキング第2位「タイガー GRAND X やきたて KBD-X100」

  • 容量:1斤
  • イースト自動投入:○
  • 具材自動投入:○
  • 予約タイマー:○

タイガー製の最上位機種。36種のオートメニュー搭載。本機種はタイガーだからこそできる技術が詰め込まれています。

パン生地の温度を見張るためにトリプル温度センサー内蔵で生地温度・庫内温度・室温に気を配りながら冷却ファンでパン生地の温度を調節する「温感仕込み」があるので過発酵を防ぎ、季節や気温に関係なく安定した焼きあがりになります。

焼きあげは炊飯器で使われるIH加熱技術を用いて急速加熱で一気に釜内を最高温度まで上昇させて焼きあげるから薄皮でパリッとしたパン耳に仕上がります。

モーターはDCモーターです。DCモーターは省エネ性に優れ、インバーターモーターより低速でのトルク(力強さ)があります。それにモーターが小さいのでホームベーカリーをコンパクトボディにすることができています。

メニューには無添加グルテンフリー食パンの専用メニューがあります。グルテンフリーの食パンは焼きあげの際に膨らみにくいですが、タイガーのIH加熱技術を使って発酵の温度を細かくコントロールし、一気に高火力で周りを焼き固めてから加熱することで基本材料の米粉・水・ドライイースト・砂糖・食塩・油脂だけで生地が潰れることなくふっくらと焼くことができます。グルテンフリーとは思えないほどおいしいですよ。

ホームベーカリーランキング第3位「パナソニック SD-MB1」

  • 容量:1斤
  • イースト自動投入:○
  • 具材自動投入:○
  • 予約タイマー:○

本機種は最新機種のエントリーモデル(初心者向けで低価格)です。オートメニューは20種

初心者向けに「イースト自動投入」が付いています。イーストは水に触れるとパンが上手く焼けない原因になるのでタイミングよく投入する必要があります。でも初心者だと自分でタイミングを見極めてイーストを投入するのが難しいのでこのイースト自動投入がある機種だとパン作りをしたことがない初心者でも上手にパンを焼くことができます。

パナソニック製はエントリーモデルにも発酵環境を自動で管理する「室温に応じた専用プログラム」を搭載しています。パナソニック独自のパン・ド・ミのような一般的な食パンに比べて水分の配分量が多く、イーストの量が少ない食パンは素材の風味を重視しながらキメ細かい中身になる反面、温度や湿度といった発酵環境が難しくなるのですが管理されて焼かれることでパンのふくらみ方や形が安定します。

ホームベーカリーランキング第4位「MK ふっくらパン屋さん HBK-152」

  • 容量:1斤・1.5斤
  • イースト自動投入:×
  • 具材自動投入:×
  • 予約タイマー:○

エムケー精工(メーカー名)の最新機種になります。パンケースが横長(旧機種は縦長)になったのでパンがより膨らみやすくなりました。全32種のオートメニュー搭載です

イーストと具材の自動投入機能はありません。イーストは最初に材料の中央に小さなくぼみを作り、水に触れないように入れます。具材は投入タイミングで音が一分間鳴り、その間はモーターの回転数が弱まるのでその間に入れます。

旧機種から「低温長時間発酵コース」の追加によりイーストの量を減らしても、ゆっくり低温で長時間発酵させることで生地が熟成し、イースト臭が少なく麦本来の味わい深いパンが作れるようになりました

他にもビタミンB群を多く含む生塩糀を使った「塩糀パン専用メニュー」や、小麦粉と比べて糖質73%カットの大豆粉を使った「大豆粉パン専用メニュー(グルテンフリー)」を作ることができます。ヨーグルトやフレッシュバター、余ったごはんパンも作れます。

基本的な仕様としてエムケー精工は「こね」「発酵」「焼き」の機能が独立した単独メニューとなっており、こね速度・発酵温度・焼き温度がそれぞれ3段階に設定できるようになっています。特に「こね」は他社メーカーより上手に仕上げてくれます。目的とするパンに合わせてちょうど良いグルテン形成でこねが終了するので生地だけ作るのにも向いています。

将来的にパン作りのレベルアップを見据えているならこね・発酵・焼きが独立した本機種がおすすめです。一斤サイズの「HBK-101P」もあります。

ホームベーカリーランキング第5位「ツインバード Take bran BM-EF34G」

  • 容量:1斤・1.5斤
  • イースト自動投入:×
  • 具材自動投入:×
  • 予約タイマー:○

本機種は血糖値が高くて低糖質の食事をしている人や、低糖質ダイエットをしている人向けに「ブランパン専用メニュー」を搭載

鳥越製粉株式会社とツインバードが共同開発した「低糖質ブランパンミックス」を使えば通常の小麦粉に比べて糖質84%OFFのブランパンが作れます。(1枚 約2cmのスライスされたブランパンなら糖質は約4.5g)

ブランパンの味は専用のブランパンミックスを使いますし、出来たてなのもあってコンビニで売られているブランパンよりおいしいです。

食パン以外のメニューには甘酒など珍しいものがあります。オートメニューは全18種です。こね・発酵・焼きは単独で利用できます。

ホームベーカリーランキング第6位「タイガー やきたて KBY-A100」

  • 容量:1斤
  • イースト自動投入:○
  • 具材自動投入:○
  • 予約タイマー:○

本機種は生地温度・庫内温度・室温を見張るトリプルセンサー内蔵。熱を持たせすぎて過発酵にならないようパン生地冷却ファンも搭載しています。

パンケースには側面と底面にIH加熱が当たるように設計されているので細かい温度管理と全体を包み込むように加熱することで食パンの皮は薄くてパリッと香ばしく、中は水分を閉じ込めてふわっと焼きあがります。

角食パンメニュー搭載。パンケースに角食パン専用のふたをつけることで山型パン(頭が山なり)にならず角食パン(四角形)になります。サンドイッチや、中身をくり抜いてグラタンを流し込むグラタンパンなどインスタ映えするアレンジパンが作りやすくなっています。(パン羽根後を残さない設計できれいに焼けます)

ホームベーカリーでは珍しい「甘酒メニュー」や、お正月に食べたい「おもちメニュー」も搭載しています。こね・発酵・焼きは単独操作可能。具材自動投入は最大約80gまで入ります。オートメニューは27種。型落ちモデルの「KBX-A100」もおすすめです。

ホームベーカリーランキング第7位「パナソニック SD-BH1001」

  • 容量:1斤
  • イースト自動投入:○
  • 具材自動投入:○
  • 予約タイマー:○

パナソニックのエントリーモデル(初心者向けで低価格)の型落ちです。オートメニューは23種。パナソニック製のホームベーカリーを安く買うなら本機種がおすすめです。

具材の投入量は最新機種が100g迄なのに対して本機種は60g迄です。さらに「粗混ぜ」機能もありません。それにメニュー数も少なく「餅つき」や「うどん・パスタ生地」も作ることができません。

しかし、パン・ド・ミやサンドイッチ用パン、フランスパンなどは作ることができますし、イースト自動投入や室温に応じた製パングログラム、具材自動投入、タイマー予約といった基本性能は同じになっています。

国産小麦アレンジレシピ本付属。クックパッドや書店のレシピブックはパナソニック製のホームベーカリーを使用している場合が多いので応用しやすくなっています。

ホームベーカリーランキング第8位「MK ふっくらパン屋さん HBS-100W」

  • 容量:1斤
  • イースト自動投入:×
  • 具材自動投入:×
  • 予約タイマー:○

エムケー精工のエントリーモデル(初心者向けで低価格)です。値段は約7,000円でオートメニューは全18種。ねり・発酵・焼きは独立して使うことができ、天窓(ガラス窓)が付いているので上から作業内容を覗き見ることができます。

パンケースと羽根はフッ素樹脂コーティングのアルミが使われていてプラスチックのような安物ではないので壊れにくいです。

残ったごはんパンも作れます。白米ではなく、玄米や雑穀米を炊いて食べるご家庭でも残ったごはんを使って玄米パンや雑穀米パンも作れます。いりごまを加えてゴマ風味のパンもおいしいですよ

他にも生塩糀を使った「塩糀パン専用メニュー」や、大豆粉を使った「大豆粉パン専用メニュー(グルテンフリー)」を作ることができます。

一風変わった焼き芋コースではほっくり焼き芋・蜜甘焼き芋の2種類が作れます。低温でじっくり焼きあげるのでプロの焼き芋屋さんが作るような焼き芋が手軽に作れます。

ホームベーカリーランキング第9位「ツインバード PY-E731W」

  • 容量:0.5斤・0.8斤・1斤
  • イースト自動投入:×
  • 具材自動投入:○
  • 予約タイマー:○

ホームベーカリーは1斤サイズが標準なため、一人や二人だと焼きたてのうちにすべて食べきれないことがあります。

でも本機種は容量が「0.5斤・0.8斤・1斤」に対応しているため食べきりサイズのパンが作れます。だから、焼き立てを毎日お召し上がりたい方におすすめです。

機能面でも多機能で残りご飯パン、米粉パン(グルテンあり・なし)、フランスパンが作れます。また、もち米と水だけお餅を作る事も可能です。オートメニューは全15種です

ホームベーカリーランキング第10位「シロカ siroca SHB-712」

  • 容量:1斤・1.5斤・2斤
  • イースト自動投入:×
  • 具材自動投入:×
  • 予約タイマー:○

本機種は1斤・1.5斤・2斤に焼き分けることができます。家族全員分をたくさん焼きたい方におすすめです。オートメニューは全29種

パン耳の固さがやわらか・かための二つから選べる「食パン2コース」搭載。お好みに合わせて耳をやわらかくしたり、かたくしたりする事でパン耳を最後までおいしく頂けます。

また、ホームベーカリーとしての機能以外にも温度管理の難しい乳製品も作れます。例えばヨーグルト、バター、チーズ。

他にも使い道が幅広いのでお蕎麦の生地も作る事が出来ます。うどんやパスタ生地はよくある機能ですがお蕎麦はSirocaだけ。

天然酵母やライ麦パンコースもあるので使い方次第で頼もしい相棒になります。便利なミトン付き(断熱手袋)。

よく一緒に購入される食パンミックス

よく一緒に購入される商品







-ホームベーカリー

Copyright© 家電王 , 2018 All Rights Reserved.