家電王

家電の人気ランキングと選び方を紹介

2016年の人気がある「石油ファンヒーター」ランキング

2016年の人気がある「石油ファンヒーター」ランキングを紹介します。おすすめのメーカーはコロナ・トヨトミ・ダイニチです。

ファンヒーターの選び方としては灯油の臭いを極力避けたいなら消臭シャッター付きのコロナ製品がおすすめです。コロナはよごれま栓もあるので給油時も手が汚れません。

頑丈で壊れにくいものをお探しなら高耐久バーナーのトヨトミがおすすめです。また、最新機種だと湿度センサーが付いているので室温と湿度の両方から適温に自動修正してくれます。

タンク容量が大きいものをお探しならダイニチの大容量9Lタンクがおすすめです。

「石油ファンヒーター」ランキング第1位
「コロナ WZシリーズ 消臭シャッター付 FH-WZ3615BY」

  • 木造:10畳(エコモード6畳)
  • コンクリ(鉄筋):13畳(エコモード8畳)
  • 燃費(最大火力):2.8h/L
  • タンク容量:7.2L(よごれま栓)
  • サイズ(cm):幅45.8 奥行33.8 高さ46.6

コロナ史上一番消臭効果がある最新モデル。温風の送風口をシャッターにすることで点火と消火の臭いの少なくする。この「消臭シャッター」は点火時だと灯油臭さを従来品の約25%カット。

消火時は送風口のシャッターを閉じてから火を消すので悪臭を閉じ込め、ニオイの元である燃焼ガスを完全燃焼させることで約70%のニオイ軽減効果がある。消火時はほぼ臭わない。

また、燃料タンクから燃焼室に伸びるノズルの灯油臭を消すためにノズルに残る灯油を根こそぎ吸引して灯油を残さない。それに裏面に抗菌仕様の脱臭フィルターをとりつけたことでしっかり脱臭。灯油のニオイが嫌いな人にすごくおすすめです。

消臭シャッター

「石油ファンヒーター」ランキング第2位
「コロナ WZシリーズ 消臭シャッター付 FH-WZ4615BY」

  • 木造:12畳(エコモード7畳)
  • コンクリ(鉄筋):17畳(エコモード10畳)
  • 燃費(最大火力):2.2h/L
  • タンク容量:7.2L(よごれま栓)
  • サイズ(cm):幅52 奥行33.8 高さ46.6

1位で紹介したファンヒーターの適用床面積が大きくなった大型タイプ。だから「消臭シャッター」も備えている。また1位では紹介できなかったが「エコモード」も充実している。

エコモードでは適用床面積が小さくなるので灯油の節約ができる。木造12畳→7畳、コンクリ17畳→10畳。

それに設定温度が21℃以上の場合は20℃に切り替わり、室温が20℃より約3℃上昇すると自動的に消火し、設定温度まで下がると自動的に再点火して室温を調節する。

省エネセンサーも付いている。センサーで人を感知しており、約10分間だれもいないと最小火力で運転。さらに約50分過ぎても誰も戻ってこないと自動消火。再点火はしない。

コロナ省エネセンサー

「エコガイド」は1日の灯油の使用量が見れる。計画的に灯油の補充や買い足しができる。このファンヒーターはリモコン付き。もう少し適用床面積が大きい「FH-WZ5715BY」もあります。

【FH-WZ4615BY】

【大型 FH-WZ5715BY】

  • 木造:15畳(エコモード9畳)
  • コンクリ(鉄筋):20畳(エコモード12畳)
  • 燃費(最大火力):1.8h/L
  • サイズとタンク容量は同じ

「石油ファンヒーター」ランキング第3位
「トヨトミ スマートファンヒーター LC-SL36F」

  • 木造:10畳
  • コンクリート(鉄筋):13畳
  • 燃費(最大火力):2.8h/L
  • タンク容量:7L(こぼれま栓)
  • サイズ(cm):幅43.5 奥行31.5 高さ43.7

「快適おまかせ機能」は室温と湿度をみはる。設定温度に合わせて暖めるのが今までのファンヒーターでしたが、この「LC-SL36F」は温度+湿度=体感温度をもとに湿度も感知して最適な室温に自動で調節する。

設定温度でいいはずなのになぜか暑かった今までのファンヒーターは付けたり消したりしないといけなかった。でもこの製品なら湿度も考えて適温に保ってくれます。

また、「給油延長」機能もある。エコ運転とは別の機能。給油ランプが表示されてもすぐに給油したくないときに給油延長ボタンを押せば灯油の消費を抑える運転に切り替わる。

“給油延長“すると残りの燃焼時間(分)が表示される。最大で90分持つ。リモコン付き。大型タイプのLC-SL53F もあります。

【LC-SL36F】

【大型 LC-SL53F】

  • 木造:14畳
  • コンクリート(鉄筋):19畳
  • 燃費(最大火力):1.9h/L
  • タンク容量:7L(こぼれま栓)
  • サイズ(cm):幅55 奥行32.7 高さ44.5

運転音は(弱)24dB (強)38dB。広範囲を暖めれる大型だけど音は静かです。

「石油ファンヒーター」ランキング第4位
「アラジン AKF-P359N」

  • 木造:9畳
  • コンクリート(鉄筋):13畳
  • 燃費(最大火力):2.9h/L
  • タンク容量:4L(こぼれま栓)
  • サイズ(cm):幅35.8 奥行29.9 高さ41.5

値段が安い8,000円前後のファンヒーター。値段が安いものを探しているならおすすめだ。灯油1Lあたりの燃費も最大火力で2.9時間持つので燃費も良い。

タンク容量が4Lだから満タンで11.6時間持つ。これはあくまでも最大火力を想定して計算しているからもう少し長持ちすると考えていいだろう。

バーナー(燃焼室)に付着した灯油のタールをクリーニングできる機能も付いているのでバーナーの寿命を延ばしてくれる。本体価格は安いけど、使い捨て感覚ではなく長く間使える。

温風の「足暖うるおい温風」は足元から暖めてくれるので朝起きたときや帰宅後にすぐ暖まりたいときに効きます。朝起きた時のタイマー予約もできます。

ECO運転は設定温度より3℃上昇すると運転停止、室温が設定温度より1℃下がると運転を開始。

アラジン AKF-P359N

「石油ファンヒーター」ランキング第5位
「コロナ STシリーズ FH-ST3615BY」

  • 木造:10畳(エコモード6畳)
  • コンクリート(鉄筋):13畳(エコモード8畳)
  • 燃費(最大火力):2.8h/L
  • タンク容量:7.2L(よごれま栓)
  • サイズ(cm):幅44.2 奥行33.4 高さ42.6

設定温度とは別に「火力セレクト」で強・中・弱の三段階から火力を調節できる。そのため火力弱を選べば“じわー”と弱い暖房ができる。また逆に火力強を選べば寒い部屋をいっきに暖かい部屋にすることができます。

点火の立ち上がりが早い「秒速点火」もあります。スイッチを入れて7秒で点火するので“めちゃ速”です。

でも秒速点火を利用するには2分30秒の予熱時間を必要としているのであらかじめコンセントに挿して秒速点火をセットしておく必要があります。寝る前にセットしておくと朝起きてすぐに暖かい暖房がつけれます。

高地切替スイッチもあります。標高500m以上の場所で使用する場合にセットします。標高1,500mまで利用できます。このファンヒーターは大型タイプの「FH-ST4615BY」とさらに大きい「FH-ST5715BY」があります。

【FH-ST3615BY】

【大型 FH-ST4615BY】

  • 木造:12畳(エコモード7畳)
  • コンクリート(鉄筋):17畳(エコモード10畳)
  • 燃費(最大火力):2.2h/L
  • タンク容量:7.2L(よごれま栓)
  • サイズ(cm):幅50.4奥行33.4 高さ42.6

幅だけ44.2cm→40.4cmにUP。

【大型より大型 FH-ST5715BY】

  • 木造:15畳(エコモード9畳)
  • コンクリート(鉄筋):20畳(エコモード12畳)
  • 燃費(最大火力):1.8h/L

↑で紹介している「FH-ST4615BY」とサイズとタンク容量は同じ。

「石油ファンヒーター」ランキング第6位
「トヨトミ 低電力タイプ LC-32F」

  • 木造:9畳
  • コンクリート(鉄筋):12畳
  • 燃費(最大火力):3.2h/L
  • タンク容量:5L(こぼれま栓)
  • サイズ(cm):幅37.6 奥行29.6 高さ42.8

型落ちなので価格が1万円前後と安い上に燃費が3.2h/Lなので灯油代を安くするのにおすすめのコスパが良いファンヒーター。

バーナーは「高耐久バーナー」なので頑丈で前シーズンの残り灯油が使える。(変質灯油や不純灯油は無理)

エコ運転は最新機種のエコ運転と同じものが備わっているため低燃費で経済的。灯油の買い足し頻度が少なく済みます。

燃料タンクはトヨトミ独自の仕様が施してあり、灯油の補充が簡単にできる改良がしてある。「こぼれま栓」という名前で給油口の締めが緩い状態で燃料タンクをひっくり返しても油漏れしにくい構造になっている。

こぼれま栓

「石油ファンヒーター」ランキング第7位
「ダイニチ FW-3715SLX」

  • 木造:10畳
  • コンクリート(鉄筋):13畳
  • 燃費(最大火力):2.7h/L
  • タンク容量:9L(ワンタッチ汚れんキャップ)
  • サイズ(cm):幅43 奥行35.7 高さ44.5

40秒着火で立ち上がりが早い。それにタンク容量が9Lだから給油の回数が少なく済む。

9Lのタンクは灯油を入れると重くなるからタンクの上下に「とって」が2本ある。そのため両手でしっかり持つことができて持ち運びしやすい。

タンクのキャップ部分は「ワンタッチ汚れんキャップ」になっており、キャップを回しながら開けるのではなく、ボタンを押しながら持ち上げるので手も汚れにくい。

灯油残高を確認できる8段階油量モニターもある。タンク容量が9Lと大容量だからメモリも8段階にして給油のタイミングを知らせてくれる。灯油がなくなる直前まで来るとメロディーとランプで教えてくれる。

9Lタンク、Wとって、ワンタッチ汚れんキャップ

「石油ファンヒーター」ランキング第8位
「コロナ FH-G3215Y」

  • 木造:9畳
  • コンクリート(鉄筋):12畳
  • 燃費(最大火力):3.2h/L
  • タンク容量:5L(よごれま栓)
  • サイズ(cm):幅39.4 奥行32.4 高さ42.6

価格は約1万円。エコモードなどの機能が無くとてもシンプル。でも燃費は3.2L/hと燃焼効率が良く、サイズ(cm)は小型だけど木造9畳・コンクリ12畳の力強さがある。

燃料タンクにはコロナ独自の「よごれま栓」が付いている。コロナ製品ならどの機種にも付いているのだが、このダジャレのよごれま栓は給油時に手が汚れない画期的な機能。

よごれま栓は蓋をつまんで開閉するタイプ。タンクの蓋を直接触らずに開け閉めできるので手が灯油で汚れることがない。それにタンクの蓋を直接触って開け閉めしないから蓋をきつく締めすぎて後で蓋が開かないといったことがありません。

コロナのよごれま栓

「石油ファンヒーター」ランキング第9位
「トヨトミ ハイブリッド暖房 LC-SHB40F」

  • 木造:9畳(ハイブリッド11畳)
  • コンクリ(鉄筋):12畳(ハイブリッド14畳)
  • 燃費(最大火力):3.2h/L
  • タンク容量:5L(こぼれま栓)
  • サイズ(cm):幅37.6 奥行29.6 高さ43.8

「LC-SHB40F」は灯油と電気の両方を燃料にすることができます。メインは灯油ですが、電気も使えることで灯油暖房と電気暖房のメリットを兼ね揃えたハイブリット暖房になります。

電気暖房の速暖性があるから3秒で温風が出ます。続いて90秒後に灯油暖房の運転が始まります。電気暖房なのでスピード点火に伴う臭いもありませんし、灯油暖房の暖房出力や電気代の少なさといったメリットがあります。

灯油と電気はそれぞれ独自に単独運転が可能なので使い分けもできます。なので夜寝るときは電気暖房だけにすれば換気不要。部屋の大きさに合わせて使える小部屋モードあり。

冬に向けた暖房器具

燃費(最大火力)について

燃費(最大火力)はメーカーからの発表がありません。そのためメーカー発表のタンク容量と燃焼継続時間(最大火力)を用いて独自に計算しているものになります。

                      

 - 石油ファンヒーター