家電王

家電の人気ランキングと選び方を紹介

2016年の人気がある「メンズシェーバー」ランキング

2016年度の人気がある「メンズシェーバー」ランキングを紹介します。男性用の電気シェーバーはメーカーによって特徴があります。ブラウンは深剃りが最も得意でクセヒゲに強い。くまさんのような男性におすすめ。

次にフィリップスは肌が弱い向けに剃り味が優しくなっている。カミソリだと出血してしまうような敏感肌の人はぜひおすすめ。最後にパナソニックは短時間でヒゲが剃れるように工夫されている。深剃りや肌への優しさは他のメーカーの中間に位置する。

  • 深剃り:ブラウン > パナソニック > フィリップス
  • 肌への優しさ:フィリップス > パナソニック > ブラウン
  • 早剃り:パナソニック > ブラウン > フィリップス

「電気シェーバー」ランキング第1位
「パナソニック ラムダッシュ ES-LV5A」

  • 刃の枚数:5枚刃
  • 替刃:「ES9034」
  • 電源:充電式(1時間の充電で約42分)
  • 水洗い:○

ラムダッシュ新発売機種。ヒゲを剃るヘッド部分が「3Dアクティブサスペンション」によって上下左右前後のすべての方向に動く。そのため、アゴ下や頬(エラ)の凹凸に均一の圧力が掛かるためよく剃れる。

また、圧力が均一であるため5枚刃を肌に押し付けた時の圧力が分散されるため肌にやさしい。

ヘッドには2個の「スムーズローラー」も付いている。ヒゲを剃るときに回転する2個のローラーが潤滑液の役割を果たしてくれるのでスムーズに剃れる。摩擦抵抗力は従来品(ES-LV96)と比べると1/3に低減。

3Dアクティブサスペンション

「電気シェーバー」ランキング第2位
「ブラウン シリーズ7 720s-7」

  • 刃の枚数:3枚刃
  • 替刃:「F/C70B-3」
  • 電源:充電式(1時間の充電で約50分)
  • 水洗い:○

この「シリーズ7 720s-7」は振動を使って肌を引き伸ばす機能(音波振動)によって皮膚の下に埋もれているヒゲを露出させることができる。隠れているヒゲも剃ることができるので深剃りを最も重要視するなら一番人気になります。

朝剃ったヒゲが昼にはもうジャリジャリ、剃った後の青髭が気になる人、以上のような人は特におすすめです。

深剃りだと気になるのは肌へのダメージです。ヒゲが濃い人は皮膚も強いわけではない。この「シリーズ7 720s-7」は音波振動によって1ストロークでたくさんのヒゲが剃れるので肌の負担を最小限にして深剃りができる。

プラス3,000円だせば全自動アルコール洗浄(洗浄・潤滑化・乾燥・充電+オートオフ)付きの「ブラウン シリーズ7 750cc-7」も視野に入ります。

音波振動

「電気シェーバー」ランキング第3位
「フィリップス 7000シリーズ S7310/12」

  • 刃の枚数:独自構造3ヘッド採用
  • 替刃:「SH70」
  • 電源:充電式(1時間の充電で約50分)
  • 水洗い:○
  • 風呂剃り:○

フィリップス史上、最も肌に優しいシェーバーが「7000シリーズ S7310/12」。独自のヘッド部分は表面にビーズコーティングで凹凸を作り、肌とシェーバーの摩擦を減らして、肌の負担を少なくする。

それにヒゲを切る内刃が肌に直接触れないから肌を傷めない。だから、カミソリ負けで血が出る人や敏感肌で剃るとヒリヒリする人でもやさしく深剃りできる。

本体価格は1万円を超えますが、替刃(推奨交換2年)は約3,600円とシェーバーの中ではかなり安いのでお得です。

フィリップスの内刃は「自動研磨システム」により、使うたび刃を研ぐ構造になっているためオイルを差さずに使い続けても切れ味が続くので維持費に関してはコスパが良い。

「電気シェーバー」ランキング第4位
「パナソニック ラムダッシュ ES-ST29」

  • 刃の枚数:3枚刃
  • 替刃:「ES9013」
  • 電源:充電式(1時間の充電で約42分)
  • 水洗い:○
  • 風呂剃り:○

発売当初からのロングセラー商品。本体価格が約6,000円と安いことに加え、替刃も約3,400円と低価格のためシェーバーを初めて使う人におすすめ。

通常のシェーバーは水洗い可能でもお風呂使用はNGである。でもこの機種はお風呂で使えるように防水設計(IPX7)だから泡やジェルが残りやすい「泡スルーヘッド機能」がある。

シェーバーだとヒゲを剃るときは何も付けずにドライの状態でも良いのですが、泡を付けて剃ることもできますよね。この泡を付けて剃るときに泡だけたくさん取れない構造になっている。従って泡の使用量が少なくなるし、泡の効果を最大限に発揮できる。

面倒な手入れに関しても「ウォータースルー洗浄」があるため簡単にできる。持ち手の向きからヘッドの方に水を流せるように通路が作られているから外刃を取り外さず内部に貯まったヒゲクズをキレイに洗い落とせる。

ウォータースルー洗浄

「電気シェーバー」ランキング第5位
「ブラウン シリーズ5 5030s」

  • 刃の枚数:3枚刃
  • 替刃:「F/C 52B」
  • 電源:充電式(1時間の充電で約50分)
  • 水洗い:○

「密着3Dヘッド」はヘッドが前後に動き、3枚刃はそれぞれが独立して上下に浮き沈みする。また、3枚刃の一つであるクセ毛カット用トリマーは左右に動いて処理しにくいクセ毛を持ち上げる。

つまりヘッドと刃の部分が自分の顔の形やクセ毛に合わせて動くから肌に強く押し付けなくても効率的に深剃りできる。

それにヘッドの角度を固定して使うこともできるから“鼻の下”や“唇の下”などの剃りにくい場所でも使いやすい。

シリーズ5 5040s」は紹介している5030sの完全防水設計Ver.。お風呂剃り可能でシャワーを浴びながらジェルを使ったシェービングにも対応。

5030s

「電気シェーバー」ランキング第6位
「パナソニック ラムダッシュ ES-LV76-A」

  • 刃の枚数:5枚刃
  • 替刃:「ES9032」
  • 電源:充電式(1時間の充電で約42分)
  • 水洗い:○

ラムダッシュの5枚刃はタイプの異なるヒゲを捕らえるようにそれぞれ役割がある。例えば「クイック刃」は長さの違うヒゲを均一に揃える役割を担っており、仕上げの「フィニッシュ刃」で満遍なく深剃りを可能にしている。だから休日にヒゲを伸ばしていても剃り残しがなくなる。

それに強力なリニアモーターを搭載しているからヒゲが濃い&剛毛でもモーターのパワーが落ちることなく剃れるため、朝の忙しいときでも短時間で深剃りができる。剃り味は日本刀と同じ製法で作られる「鍛造刃」ですから引っかかりがなく快適に剃れる。

ES-LV76

「電気シェーバー」ランキング第7位
「パナソニック ラムダッシュES-LT2A」

  • 刃の枚数:3枚刃
  • 替刃:「ES9015」
  • 電源:充電式(1時間の充電で約42分)
  • 水洗い:○

パナソニックの新発売(最新モデル)の中では下位モデル。でも値段も控えめで約1万円以下で買える。性能面も上位機種と比べて3Dサスペンション(フィット感)、リニアモーター駆動(ハイパワー)、30°鋭角ナノエッジ内刃(硬いヒゲ)があるのでほとんど変わらない。

手入れに関しても「音波洗浄モード」で、細かくヘッドが動いてくれるのでヒゲクズや皮脂汚れが落としやすい。総合的に見てコスパが良いシェーバーと言える。

「電気シェーバー」ランキング第8位
「ブラウン クールテック CT4s」

  • 刃の枚数:3枚刃
  • 替刃:「F/C 40B」
  • 電源:充電式(1時間の充電で約45分、冷却機能は15分)
  • 水洗い:○
  • 風呂剃り:○

ちょっと一風変わったシェーバー。その名もクールテック。熱電気冷却技術が売りだ。ヘッド部分にアルミ製の「クーリングバー」と呼ばれる冷却装置が搭載されており、ヒゲを剃ると同時に、発生する熱を瞬時にクールダウンしてくれる。

そのため剃った後のヒリヒリ感・赤み・かゆみを最小限に抑制することができる。肌が弱い人には救世主的な存在だ。

クールテックの冷却効果を100%引き出すにはシェービングフォームやジェルを使わないでください。断熱材としての効果を持つ場合があるためです。

クールテック

「電気シェーバー」ランキング第9位
「フィリップス 5000シリーズ S5210/12」

  • 刃の枚数:独自構造3ヘッド採用
  • 替刃:「SH50」
  • 電源:充電式(1時間の充電で約40分)
  • 水洗い:○
  • 風呂剃り:○

肌が弱い人のために「剃り心地」を徹底追及したのがフィリップスの特徴。丸みを帯びたヘッドは1枚目の刃が寝ているヒゲをすくい上げ2枚目の刃が切る。剃るときに肌が触れないので肌が弱い人でも安心して使えます。

また、電気シェーバーで朝の出勤前にヒゲを剃ると騒音が気になります。フィリップスの回転式シェーバーは動力に無駄がないので静音で使えます。他のメーカーより確実に音が小さい。

フィリップス 5000シリーズ S5210

「電気シェーバー」ランキング第10位
「ブラウン モバイルシェーブ M-90」

  • 刃の枚数:1枚刃
  • 替刃:なし
  • 電源:乾電池(単3電池2本)
  • サイズ(cm):幅11.8×奥行2.3×高さ5.7
  • 重さ:120g
  • 水洗い:○

小型で軽いので携帯できる電気シェーバー「M-90」。旅行カバンや車内のダッシュボードに入れて持ち運ぶことを想定しているので着脱するものがない仕様になっている。

例えば、刃の保護ケースはスライド式の一体型になっているので取り外す必要がなく、電源のON/OFFにもなっているのでとても合理的。

本体の裏面には「モミアゲのきわの仕上げ」や「アゴのクセヒゲの処理」に使えるキワゾリ刃付き。掃除用ブラシは本体の底に収納できる。

電源は単三電池2本だから入手も簡単だし、エネループと合わせるとさらに良い。替刃はないから使い捨てだけど、同価格の小型シェーバーの替刃は本体が買える値段だから替刃の意味がない。M-90は約2,000円と値段が安く実用性がある。

                      

 - シェーバー