家電王

家電の人気ランキングと選び方を紹介

布団乾燥機を買う時のポイント

布団乾燥機を購入する時のポイントを紹介します。

1年中布団乾燥機が使えます

布団乾燥機は冬に布団を暖めるだけの商品ではありません。名前は布団乾燥機ですが、それ以外にも汎用性が高く、1年中使うことができます。「夏に布団の熱気を取る」「ダニ・花粉対策」「部屋干しの衣類乾燥」「靴やブーツの乾燥」など使い方次第ではまだまだ利用方法はあります。

布団乾燥のマットサイズ

従来の布団乾燥機は乾燥マット(袋)にふとんを入れてから使う必要がありましたが、現在では乾燥マット(袋)を使わずに敷布団と掛け布団の間に差し込んで使うタイプの布団乾燥機が人気があります。
布団乾燥機をご購入の際には乾燥マット(袋)を使うものなのかをご確認の上、使う場合は付属の乾燥マットサイズをご自身の布団のサイズと考えてご購入ください。

すべての布団素材に対応している

デリケートな素材だと布団乾燥しても大丈夫なのか気になるところですが、乾燥させる布団の耐熱温度が70℃以上になっているのを確認してください。吹き出し口が約70℃になるので、機能性寝具(ウレタン素材の高反発マット・低反発マット・ビーズ素材・パイプ枕など)の機能が温風温度によって損なうことがあります。羽毛布団の場合は間に毛布やタオルケットを1枚挟んであげるとクッションになることで痛まずにお使い頂けます。

布団乾花粉やダニ作用

さまざまな要因で天日干しができないなどの理由により布団乾燥機を利用されている方々もいます。なぜなら花粉やダニ対策としても布団乾燥機は効果を発揮します。ランキングのモデルでしたらどのタイプも花粉やダニ対策ができるものばかりです。

                      

 - 布団乾燥機