家電王

家電の人気ランキングと選び方を紹介

冷蔵庫の選び方をポイント別に紹介

冷蔵庫を選ぶ上で抑えておきたい冷蔵庫の基本性能のポイントを紹介します。

冷蔵庫の運搬方法

冷蔵庫のような重いものはネット購入しても運搬が大変ですが、一部の販売店では無料で冷蔵庫の設置を行ってくれます。
また「ニッセン」にあるマジックスライダーのようなキャスターを利用すれば子どもで簡単に移動させることができます。
設置無料

冷蔵庫の内容量

冷蔵庫の大きさには目安があります。1人あたりおおよそ70Lと言われており予備に70L、常備品用として100Lを加えた容量がおおよその基準になっています。

冷蔵庫の内容量と収納量

冷蔵庫のスペックには内容量と書かれている欄がありますが、実は収納量を表しているのではなく、空間あたりの容量を表しており、実際に収納できる量を示しているものではありません。収納量を調べるには基本的に内容量と収納量が同時に書かれている場合が多い。

冷蔵庫のサイズを測る

冷蔵庫を購入するに際には、予め冷蔵庫を入れるスペースのサイズを測っておく必要があります。購入した後に置くことができないようなことがないようにしましょう。

冷蔵庫の扉の開き方を確認

冷蔵庫を置く場所によっては扉の開き方を気にしなければなりません。冷蔵庫の扉の開き方には「右開き」「左開き」「両開き(左右どちらからも開けられる)」「観音開き(真ん中で2枚に分かれた扉を、それぞれ左右開ける)」があります。一番人気は観音開きで、扉の開閉の際に庫内の冷気が外に漏れにくいことが人気の理由。

冷蔵庫は省エネ性能が大事

冷蔵庫は基本的に24時間365日電源を入れっぱなしで稼動させるのが普通なので、電気代が安ければ安いことにこしたことはありません。冷蔵庫のサイズが大きくなるにつれて、消費電力が高くなる傾向にあるので、各製品の省エネ性能を比較し、容量が同じ程度の製品ならば、年間消費電力の少ないものを選ぶと、電気代を安く抑えることができます。

                      

 - 冷蔵庫