家電王

家電の人気ランキングと選び方を紹介

テレビを買うときに確認すること

テレビを選ぶ上で抑えておきたいテレビの基本性能のポイントを紹介します。

種類を見極める

テレビには液晶テレビとプラズマテレビがあるので自分に適した方を選ぶ必要があります。特にどちらがいいのかわからない場合には液晶テレビを選ぶのが一般的です。

液晶テレビとプラズマテレビの違い

画面サイズを確認する

画面サイズは選ぶ上で一番大事な要素の一つです。部屋の大きさによっては、大画面だと最適な視聴距離を満たせない場合があります。

最適な視聴距離は画面のタテ寸法の3倍になっています。実際の所そこまで大事だと思わないのですが、部屋の大きさに比べてテレビが大きすぎると部屋が窮屈に感じて鬱陶しいものです。

テレビの出荷別に見てみると以下のようになっています。

1位30~36型 2位29型以下 3位37~49型 4位50型以上

省エネ

長時間テレビを視聴するご家庭ならば、できるだけ消費電力が少ないほうがお得です。液晶テレビはプラズマテレビに比べて年間消費電力が少ない点が魅力になっています。

一般的には大きい画面になればそれだけ電力を沢山使うわけですが、各社の省エネ技術によっては同じ大きさでも消費電力が異なる場合もあるので、購入の際には一度確認をしてみてください。

機能で選ぶ

録画機能

テレビ内に録画する機能を搭載し、テレビ単体のみで視聴も録画もできるテレビがあります。女性の方には複雑な配線や設定を行なわないで人気がありますが、現在では録画機能を内蔵していないものが主流です。

その訳はテレビ又は録画機能のどちらかが故障すると両方とも使用できなくなるといったデメリットがあるので、内臓されていないものが一般的となっています。

外部機器と連携機能

スマートフォンやパソコンと連携して、テレビで録画したものを外部機器の末端で視聴することが可能になっています。反対にスマートフォンやパソコンのデータをテレビの大画面で見ることができるようになっている物もあります。

3D再生機能

3D(立体)化した映像を再生できる機能を持ったテレビがあります。3D機能の分野はまだ発展途上なのであまりお勧めできません。

3D機能を持ったテレビならすべてての映像が3D(立体)に見えるわけではありません。3D対応レコーダーとソフトがないと3D(立体)を楽しむことができません。

                      

 - テレビ