家電王

家電の人気ランキングと選び方を紹介

テレビの連携機能について!リンク機能を解説

各テレビメーカーの〇〇リンク機能について紹介します。「〇〇」の部分はビエラリンク(お部屋ジャンプリンク)、ファミリンク、レグザリンク、ブラビアリンクが当て嵌まります。

リンク機能とは

リンク機能は録画した番組を違う部屋のテレビで見れること。

録画した番組を有線または無線LAN(Wifi)を使って送信することで、番組を「録画したテレビ」から「録画していないテレビ」に送信し、色々な場所で番組を楽しむことができる。

この機能があればテレビの取り合いをすることが必要なくなる。

各社リンク機能の違い

各社のテレビにはビエラリンク、ファミリンク、レグザリンク、ブラビアリンク等のリンク機能を備えたテレビがありますが、違いは他社レコーダー(外部機器)の互換性しかほぼ違いはありません。

東芝製のテレビの場合はタイムシフトマシンがあるので、リンク機能はスマホやタブレットに連携することが目的でなければあまり意味がありません。

どうすれば使えるの?

リンク機能は「送信側」と「受信側」が必要でリンク機能に対応したテレビでなければいけません。ネットワーク環境があればそこを通じて部屋中のテレビに送受信できます。

また、無線LAN(Wifi)でしたら外出先でも使用可能です。ネットワーク環境はテレビを購入すれば整うものではなく、パソコンでインターネットをするためにプロパイダ(光・ADSLなど)に契約しますよね?あの環境が必要です。

有線

送信側テレビ→LANケーブル→有線ルーター→LANケーブル→受信側テレビ

無線(Wifi)

送信側テレビ→LANケーブル又はWifi→無線LAN→Wifi→受信側テレビ

                      

 - テレビ