家電王

家電の人気ランキングと選び方を紹介

イヤホン・ヘッドホンの値段による違い

イヤホンの値段による違いについて紹介します。単純に値段高いと「音質がいいんだ」と言えばそれまでですが、実際に音質がいい理由について解説します。

1.解像度が違う

音の違いは色々な要素が絡んでくるのですが、高価格帯のものは、解像度が非常に高いようになっています。

解像度とは一つ一つの音の再現性が高いことです。音は振動で出来ているので振動を作り出す機械部分の精度の高さが大切です。

従って、一つの音を作り出すために何億回も振動し、さらに音同士が重ならない精密なパーツが必要になります。また、精密なヘッドホン・イヤホンパーツに完璧なチューニングを施す必要があるので、それなり値段になってしまいます。

2.ダイナミックレンジ

解像度と似ていますが、幅広い音質が出せるように値段の掛かるパーツを使っています。高音から低音までの音域を再現するには振動の振れ幅がまったく異なるので両方の音域に対応した高性能パーツが必要になります。

低価格帯では高音または低音に絞って音のクオリティを上げているのでどちらか一方が良くて一方はクオリティが低いのが一般的です。

3.定位感

演奏する楽器がどの位置にあるのか感じられることです。全体が潰されているような間隔では音の立体感が感じられません。音によっては近い音と遠い音が自然に感じられるようになります。

オーケストラなどでは位置関係って聴く上ですごく大切になります。

                      

 - イヤホン・ヘッドホン