家電の人気ランキングと選び方

家電王

石油暖房の注意点と使い方

投稿日:

石油暖房の注意点と使い方を紹介します。基本的なことを中心的に注意喚起の意味を含めて解説しているので既に知っている内容が殆どだと思います。

アパートでの使用を禁止されている場合も

アパートでは石油ストーブ・石油ファンヒーターが禁止されている場合があります。灯油は可燃性が強く、火災の危険性が高いので管理方法がずさんな方が一人いるだけでアパート全体が火事になってしまうためです。

では、禁止されていたら冬に部屋を暖める方法として何があるのかというと「エアコン」、「電気ストーブ」、「オイルヒーター」、「コタツ」などの基本的に“電気”を利用した暖房機器を使うしかありません。

灯油の保存方法について

基本的に灯油は経年劣化します。きちんと管理体制をしっかりと整えた業者であれば劣化せずに保つことができますが、一般家庭では難しいです。

劣化した灯油を使えば暖房機器が壊れる原因になりますので灯油はできるだけ使い切る分だけ購入して次の冬に持ち越さないようにしてください。

どうしても残ってしまった場合は業者の方に引き取ってもらうことをおすすめします。勿体無いので自宅で保存してみるという方は直射日光を避けて保存してください。

変色灯油、不純灯油になった場合は暖房機器が壊れるかもしれませんが1年ぐらいなら保存状態がよければ翌年も使えます。

石油暖房の安全な使い方

石油暖房の安全な使い方について説明します。初めて使う方向けの内容になっていますので、使ったことがある方だと当たり前の内容になっています。

灯油を使う

灯油とガソリンは売っている場所が同じなのでついうっかり、なんてことがあると爆発するので間違わないようにしましょう。灯油かガソリンか分からない場合は、少しだけ手に付けて息を吹きかけてください。すぐに乾いたらガソリンです。

持ち越し灯油は使うな

「灯油の保存方法について」でも紹介していますが、変色灯油や不純灯油などの劣化した灯油は暖房機器を壊すばかりか、不完全燃焼の原因になります。

給油するときは火を消して

最近の暖房機器はタンクを外すと自動的に火が消えるようになっているものが主流ですが、火を消して給油しないと火災の恐れがあります。注意が必要です。

換気しよう

灯油を使った暖房は一酸化炭素を排出するため換気をする必要があります。最悪の場合は死に至るケースがあるので寝るときにつけっぱなしにしてはいけません。最近の機種では自動的に2-3時間でアラームがなり消えるようになっていますが、換気は大切です。

スプレー系に注意

ストーブの近くにヘアスプレーなどを置くと熱によりスプレー缶が爆発します。注意書きにも書いてあると思いますが、熱を加えると圧力が上がり爆発するので危険です。









-石油ファンヒーター

Copyright© 家電王 , 2017 All Rights Reserved.